超軽量ガルバ屋根が揺れから守る。

今日、4月16日で熊本地震から丸5年。

 

国内震度階級で

最も大きい震度7を

立て続けに2回発生したのは

観測史上初めてのことでした。

 

活断層が2000近くもある

地震列島な日本。

 

いつどこで地震が起きても

全く不思議ではありません。

 

そんな熊本地震で

実際に起こってしまった事例が、

震災直前に重たい瓦屋根から

ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えて

倒壊は疎か、被害が極端に小さかった

家屋がたくさんあります。

 

 

そんな中で大きな被害を受けた住宅は

建築基準法が大改正された

1981年より以前に建てられた

古い木造住宅に集中していました。

 

台風対策のために

重い瓦を使った旧耐震性能住宅が

被害を拡大させたのも要因のひとつです。

 

さて、瓦と比べればその重さは

1/7〜1/12にも超軽量化できる

ガルバリウムの屋根。

 

実は断熱性能を高めるのも

得意な屋根です。

 

もうすぐやってくる猛暑な夏。

そして必ず起こる南海地震。

 

その対策は・・・?

オガサ製工オリジナルの屋根。

軽量遮熱ルーフ「ガルパワー」なんです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。