専門家のガイドが見るモノを膨らます。

昨日は高新文化教室で

文化財を楽しむ2021でした。

 

今年のテーマは

文化的景観と街並み散策でして、、、

今回、4月の講座は

「高知城の石垣景観と

 重要文化財建造物の外観散策」です。

 

小んまい時は遠足。

大人になったらお花見。

時にはチビ息子達を連れて、、、

 

なんやらかんやらで

ぎっちり行きよった「お城」やけど

最近は全然行っていないし

知らないコトが意外に多いんですよね。

 

 

さて、自分の知識や経験値だけで眺めると

何を見てもただ「見ただけ」で

気付きや発見なんて乏しいモノです。

 

しかしそこへ専門家の解説が入ると

コトは一変します。

 

何でもそうなんですけど

そこにある物、形には

すべてに理由がありますからね。

 

へ〜〜〜

なるほど!

 

と、一気に当時の世界が

想像力豊かに膨らみます。

やはり史跡や名所は

ガイドさんやその専門家の

解説を受けるのがベストですよ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。