ヤングと屋根工事

vol.1981

8月19日でバイクの日。

 

ここ最近コロナの影響で

バイク人口が激増しています。

そして新車も中古もタマが足らなくて

バイク業界は大盛況だそうですね。

 

そんなバイク人気と同時に

事故も結構増えているそうで、、、

 

走行中、ナビ代わりに使う

スマホを操作したり

見入ったりしている原因も多いとか。

 

 

さて、屋根工事の現場では

スマホ片手にオガサヤングが

作業状況を撮影していました。

 

でも、画面に集中するとどうしても

足下の安全確認が疎かになりますよね。

 

ま、若いですから大丈夫でしょうが

そこが事故の入り口でございます。

 

工事の記録を残すのは大事ですし

PR的な撮影も大事な業務です。

 

しかし、集中し過ぎて屋根上で

「転倒」なんてことは絶対に無いよう

アドバイスをひと言、ね。

 

「画面を見るな、リアルを見ろ!」

 

モニターに集中すると必ず

ヤラかしますからね。

 

何はともあれ

自身の安全確保が第一でございます。

 

 

それにしても、、、

若い連中がイキイキと

屋根の上でシゴトをしているのを見ると

コチラも楽しくなってくる

今日この頃でございます。

 

暑い中、ヤングもオッサンも

ご苦労さん♬

 

それではまた。

 


(2022年1月より不定期発信)

〜毎週金曜日更新〜
■オフィシャルYoutube動画■
https://bit.ly/3z5Elvv  

■工場倉庫の暑さ解決&節電ルーフのサイト■
https://www.ogasa-solution.com/

■オフィシャルHP■
http://www.ogasaseikou.jp 

オリジナル住宅用減災ルーフ
ガルパワー®

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
高知の地震や災害に強く、
遮熱屋根工事で暑さ対策も行う
雨漏り修理と屋根リフォーム専門。
高知の【株式会社オガサ製工】
小笠原孝彦(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。