人が企業を成長させるんです。

高知が快晴でも

大豊町の朝はいつも霧に覆われていて

ムーディーです。

 

R32を通れば繁藤からずっと霧の中

そして、高速でも同じ。

 

山々に囲まれていますから

物理的にこうなるんでしょうね〜

 

しかし、何とも幻想的、

まるでCGのようです。

 

 

さて、昨日は高松で講習会。

人手不足問題と

働き方改革がテーマでした。

 

オガサでもこの問題には

とうの昔から向き合い、取り組みながら

毎日のように「もっと何か策は?」と

アンテナを張っています。

 

正直、今はいいんですよ。。。

 

業務プロセスにもメスを入れましたし

機械設備の導入により

効率化も上がりました。

 

スムーズに動いていると思います。

 

だがね、人類皆

毎年同じように歳を取るじゃないですか。

 

オガサのスタッフも今はまだ若いんですが

5年後、10年後となると

当然平均年齢も上がってきます。

 

その若返りと、

新しい風を社内に吹かすためにも

若手の採用は積極的に進めなきゃ!と

改めて思いました。

 

他社の取り組みを

現場で目の当たりにすると

(企業さんの要望で詳しくは書けませんが)

 

う〜ん・・・必須です!

採用が難しい今だからこそ

最優先事項です!

 

 

仕事に慣れ、ベテランになるほど

固定概念にとらわれ易いモノ。

 

凝り固まった考え方や工法では

人も企業も成長しませんからね。

 

その陳腐化防止を目的に

毎年極少人数の採用を

ず〜っと続けている企業さん。

 

雇用を生み、

育てる仕組みを持った企業つくり

 

いや〜もっと勉強しなきゃ!と

うどんを啜った次第。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。