伸縮+硬化≒亀裂⇒雨漏り

昨晩、会合で飲んでいたんですが、

夜は傘が必要と

あれほど天気予報で言ってくれたにも関わらず

傘を忘れて出かけてました。

 

案の定帰りにザザ降りに会って

店から出られない状態になり

ついつい飲み過ぎてしまいました。

 

さて、 今の時期って

雨漏りは少ないイメージなんですが

実はボチボチあるんですよ。

 

絶対的に雨が少ないシーズンですので

まあ雨が降らなければ

雨漏りする事もありませんが

昨日の様に、時にまとまった雨になると

雨漏りが発生します。

 

その大きな理由のヒトツはですね、

パッキンなどの樹脂が

経年劣化で破損しかかっているところに

寒さで伸縮して「パキッ」と

亀裂を促進させるからなんですよ。

 

気温が高い夏は

樹脂も柔らかくていいんですが

気温が低いとね、、、

どうしても硬化してしまいます。

 

パッキンや樹脂による

止水を頼っている屋根って

実は結構あります。

そこへ劣化が進んだ屋根は

更に雨漏りが起きるんですよ。

 

今シーズンは

雨漏り修理も2割程度少ないんですが

これも極端な暖冬の影響なんでしょうかね?

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。