人も屋根もダイエットは基本です。

冬って太りますよね。

 

年末はクリスマスやら忘年会

そしてお正月。

年始は新年会祭り。

太らない訳無いじゃないですか。

 

なんかシャツとズボンがキツイな〜と

何の気なしに体重計に乗ったら

ナント!2キロも太っていました。

 

そりゃ 服もキツイわな。

 

ジムへ行って絞らなきゃです。

 

 

さて、屋根も軽いのと重いのとでは

地震の時、建物へのダメージが違います。

 

屋根って種類により

重さがだいぶ違うんですが

ガルバリウム鋼板の屋根から比べると

瓦で7倍、古い屋根に多い土葺瓦の場合だと

10〜12倍も違うんです。

 

重さで言うと

一般的な住宅屋根の場合

ガルバリウム鋼板では約800キロくらいで

瓦の場合だと

その7倍ですから、5〜6トンでしょうか。

 

今の住宅ではほぼ無いのですが

古い民家に使われている

土葺瓦の場合だと10〜12トンもあるんです。

 

それぐらい重さが違うと

それなりに基礎や柱が頑丈じゃないといけません。

 

もし同じ構造の建物の場合だと

確実に重たい屋根の方が

慣性の法則により

地震の際に揺れが大きくなり

ダメージがも大きくなります。

 

人間も建物もそうなんですが

やはり軽い方が膝や腰、

そして基礎や柱に

負担がかからないんですね。

 

さぁ今夜は飲み会。

〆のラーメンは毒だなコリャ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。