好きこそモノの上手なれ。かな?

3月15日、日曜日。

 

のんびりツーリングでも行こうと

いつも通りの朝を過ごしていましたが

寒いっ!

 

だって、今朝の気温は3.5℃ですよ。

 

で、山間部ではナント!!!

氷点下、マイナスでした。

 

念のため

道路カメラをWEBで覗いてみると

四国カルスト、雪降ってマス(笑)

 

トホホ、、、今さら。

 

まぁユックリ準備でゴトゴトスタート。

アテもなくR33を北上するも

仁淀川町で小雨に遭い

引地橋ドライブインに慌ててピットイン。

ラーメンとおでんで身体を温め

お店のお姉さま方との会話で

心を温めるのでした。

 

 

さて、今回のツーリング。

 

オガサの現場撮影で使っている

アクションビデオカメラ

GoProをバイクにセットして

使ってみたんです。

少し前から「動画」って

結構流行っているじゃないですか。

 

でも、正直ながら・・・

自分はあまり興味が無かったというか

こういうの、ニガテなんですね。

 

でも今からは

屋根施工なんかの情報発信って

動画の必要性もあると思うんです。

 

ですから、趣味としてではなく

ビジネスにおける修行として

バイクにセットし

撮影と編集のトレーニングです。

 

自分は元々興味が無いコトなんて

続きませんし、

ヤルのが即イヤになるタイプ。

 

苦手な動画や写真なんかのメディア系も

趣味へ絡ませば(イヤになりにくく)

少しでも上達するのかな?ナンテね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。