リフォームの鉄則!

今朝はそんなに

寒くなかった気がしましたが

出勤途中に市内から

北山や愛媛方面の山を見て

ビ・ツ・ク・リ!!!

山が真っ白。

真冬並みにウソの様な真っ白でしたね。

 

一気に寒さを感じた、月曜朝なのでした。

 

 

さて、ずっとメンテに入らせて頂いてる

工場の屋根改修工事を行っています。

 

屋根本体は15年ほど前に老朽化で

葺き変えたんですが、

その時、お互いの屋根がぶつかっている

”V”部分の「谷樋」は交換せず

そのままだったんですね。

 

工期と予算の兼ね合いで。

 

それが、ここ最近雨漏りが発生して

現在、谷樋の交換を行っています。

 

言葉にすれば簡単ですが

屋根の下に隠れるように設置している

「谷樋」。

 

屋根を撤去しなきゃ、交換できないんです。

 

どエライ事なんです。

 

この屋根自体はね、

まだ葺き替えるにはチト早い。

 

ですが撤去して、新しく葺き替えました。

「リフォームの鉄則!」

 

後からメンテができない部分は

多少時間とコストが掛かっても

屋根本体と同時に交換しましょうね。

 

因みに今回の場合、

こうなるのは工場さんも最初から想定内。

 

計画的メンテなんです。

 

 

ところで、

今日は書類作成ばっかの一日でしたので

頭がパンクしそうです。

 

さっさと帰って、

ビールで喉から

頭を冷やしたいと思います。(笑)

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。