屋根職人って繊細?大胆?

暖かくなって春爛漫。

 

桜の開花予想日は過ぎましたが

間もなく満開になりそうですね。

 

でも、家の周りや会社の周りは

もう既に咲いておりますので

気分はお花見全開です。

 

さて、屋根って設計上は

寸分の狂いも無い四角形ですが

実際のところはですね・・・

 

大きな声では言えませんが

厳密には四隅は直角ではありませんし

対面は平行ではありません。

 

物理的に無理なんです。

特に鉄骨やコンクリートは

 

そこへガルバの屋根を葺く際

事前に屋根面に割り付けを行って

位置出しを行います。

 

そのピッチ精度は1ミリ単位です。

 

10mあろうが、100mあろうが

ミリ単位で割り付けを行います。

 

この、たかが「1ミリ」ですが

ココを疎かにすると

屋根の葺き終わりの頃には

大きなズレが起きるんですね。

 

1ミリの屋根材が10枚になると1センチ

100枚になると

10センチもズレちゃいますからね。

 

コレじゃ、屋根は完成しません。

 

でもね、、、

 

これがベテラン職人になると

1〜2ミリのズレって

”施工中”は許容範囲と割り切り

屋根を葺き進める毎に

ズレをドンドン縮めていきます。

 

出来上がった屋根原寸をチェックし

「ハハーン! 

 このズレは”こう”納めてやろう」と

スタート時から

もうゴールを決めているんですよ。

 

これこそが、経験からしか得られない

職人技術なんです。

 

繊細でありながら大胆。

そして、大胆でありながら繊細。

 

あぁ〜職人の世界ってシブい!

(自画自賛♬)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。