経営者としての至福のひととき。

昨日はオガサの半期を振り返る

マネジメントレビューの日。

 

昼から全社員が集まり

上半期の業績と事業結果を

(良いも悪いも)

目標と照らし合わせて検証する日でした。

 

業績が伸びることはもちろん

お客さんが増え、新しい社員も増え 

良い事はそれなりでいいんですが、、、

 

重要なのは、

不適合事項とクレーム等を検証して

改善する作業です。

 

まぁ再発防止策ですね。

 

人間って、

時を過ぎれば忘れるものですし

忙しい日常生活に流されると

自ずと今までのやり方に戻ってしまいます。

 

そうなると、まぁ

再発する率が非常に高い。

 

ですから再発防止策は

ルール作りと進捗確認が非常に大事です。

 

そこを全社員が集まり、

部署事に揉み合いました。

 

みっちりと社員同士で討論した後は

バスに乗って萩之茶屋へ慰労会です。

お花見も兼ねた。

 

いや〜

呑みちぎって、笑いまくった

あっという間の2時間。

社員とこの時間を過ごせることが

どれほど楽しいか。

経営者として、

至福のひとときでございました。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。