恐るべき、銅の殺菌作用。

先月から高知市内の神社で

社務所の屋根を

銅板で改修工事を行っています。

 

建物の一部を減築したことにより

合わせて屋根も一部を葺き直しているんですよ。

 

昭和6年に建築されたこの、社務所。

当然ながら銅屋根も

100年近く経っていますので

銅特有の緑青現象も

微妙にいい感じで発生して

非常に渋い風合いを醸し出しています。

修理の銅板も

同じような風合い、色目で

屋根を修理できれば良いのですが

なにせ新品の銅はピカピカでございます。

 

銅板を人工的に

年月が経っている風合いにする技術は

実はこの令和でも、まだ

しっかりとは確立されていません。

 

やはり50年、100年と

自然が生み出す時の風合いは

人工的にはなかなか難しいものです。

 

そんなこんなの屋根改修も

残すは「棟部分」となってきました。

 

 

さて、この屋根に使っている「銅」は

自分達の生活でも

無くてはならない存在です。

 

電子部品や電化製品。

そして、電線ケーブルなど

もう、銅は生活の一部なんです。

 

そうそう、肝心なお金、

「硬貨」もそうなんですよ。

 

1円玉以外の硬貨は全て、銅が主成分です。

銅の成分が1番多いのは

見た目からも分かる10円玉で、95%です 。

 

そして、50円や100円、500円硬貨も

ナント!その75%が銅の成分なんですよ。
(銀色ですが。)

 

これは銅に強力な殺菌作用があるためなんです。

昔からその効果は、世界的にも

立証されていますからね。

 

ちなみに先月、アメリカの国立衛生研究所で

新型コロナウイルスにも「銅」は

強力な殺菌効果があると認められました。

 

ドアノブや手摺り、洗面所などで

昔から銅や真鍮が多く使用されているのは

その衛生的な一面もあるんですよ。

(今の日本はプラスチックだらけですが)

 

 

ところで、、、

1円玉は100%アルミでできていますが

これは銅を加えると

1円の価値を超えてしまうので

安価なアルミが使われているそうです。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。