休日の会社で感じる”仕事ぶり”

昨日はロクった仕事にならんかったき

朝からチョイと事務所で

残りの仕事を片付けしちょります。

 

てか、雨なんで「バイクも山」も

ダメな理由がメインかな(笑)

 

日曜は会社にモチロン誰も居ないので

MetallicaのライブDVDを流しながら

メタルなリズム感で仕事が捗ります。

 

ふと、工場に入ると

神社の社務所屋根の銅板部材が

製作途中でキレイに整頓されていました。

 

コレは一品毎に微妙にサイズが違うので

職人さんの手加工なんです。

 

チョキチョキ♬

トントン♬、と。

 

コロナの影響も少なからず受けながら

それでも忙しい現場職人さん達です。

 

でも、、、作業の終わりには

キチンと整頓がデキている

この作業所の光景を見られると

当たり前と言えど、清々しく

嬉しいモノです。

 

きっと作業も安全で且つ、

順調でしょう。

 

さーてと、今日は母の日。

 

晩メシは実家に行って

すき焼きでも振る舞うか!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。