チビッ子に見習ろうぜ・・・The大人!

今朝、自宅から路地を走り

幹線道路へ出た途端に

上りも下りもチョイと渋滞気味。

 

???

 

普段は車も

まだらにしか走ってないがですけんど、、、

 

すると、、、横断歩道を

ランドセルくらいの

小さなチビッ子がひとり

かけっこで走り渡りました。

 

そして!!!

 

停車中のドライバーに向かって

深々とお辞儀。

 

それも上り下り

両方のドライバーさんへ

それぞれに。

 

その場に居合わせた車の空気が

一気に和んだのが

フロントガラス越しに分かりましたね。

 

何とも微笑ましい光景。

 

 

さて、少年時代には自然にできてた挨拶が

大人になってから

デキなくなった方がチラホラいます。

 

忘れたのかな???

恥ずかしいのかな???

 

挨拶って社会人としてのレベルじゃなく

人間として極当たり前の

コミュニケーションだと思うんですよ。

 

だから、、、

挨拶って「される」モノでは無く

無意識に自ら進んで行いたいモノです。

 

相手が(自分も)気持ちよくなれる

「自然」な挨拶を、、、ね。

 

自戒も込めて・・・

 

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。