ISO9001って何のタメにでやってんの?

今日は一日中、

社内でミーティング三昧でした。

 

朝イチで工程会からスタート。

そして、各部門長が集い

月イチ定例ミーティング。

 

からの、、、

 

午後からは来月初旬に行われる

ISO9001の更新審査に向けて

社内担当者が審査計画書を基に

帳票等をチェック。

 

ISO認証って、

3年っちゅう有効期限がありましてね、

維持し続けるためには、

維持審査と更新審査を

受けなくてはなりません。

 

維持は当然ながら毎年、

更新は3年ごとです。

 

で、2回目の更新ですから

認証を受けてもうかれこれ

6年になるんだな〜

 

思い出します・・・

 

「認証を目指す!」と自分が宣言した時は

社内は猛反発でしたが

今となっては

自分達で策定したルールを基に

日々業務がオガサ基準に則っているか?を

定期でチェックしています。

 

認証が目的でも無いし、

維持が目的でも無い。

 

耐久性高く、雨漏りしない

キレイな屋根をつくることで

お客さんの問題解決を行う!を

ベースに、

安全で効率良く業務を進めることで

適正利益、適正給与を頂こうと

7年前に立ち上げたコトでした。

 

毎回ながら

審査を受けるとどうしても

不備な点とアドバイスを

審査員から頂きますが

それで代謝を図り、成長をするコトが

一番の目的です。

 

にしても・・・

丸一日の脳ミソ使いは疲れたー

 

さぁ

帰って冷たいビールでダレヤスケ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。