目が覚めて、思い付きで自分充電。

今朝は日の出時間の気温が

ナント・・・17℃台。

 

いつも通りの半袖半パンで

新聞を取りに行くと

ブルッときましたね。

 

昨日の天気予報じゃ

梅雨の中休み的に「晴れ」の予報。

 

となると!

 

朝メシをうどんにしよう♬と

急遽な献立&旅立ちの準備。

 

初期型油冷号を引っ張り出し

向かうは香川県財田町の

山内うどんへ Let’s Go!です。

 

R32を根曳峠を経て

大歩危経由でゴトゴト向かいます。

 

まだ時間が早いのか

上りも下りも交通量は割と少なめ

快適なソロツーリングですね。

 

アクセルワークと

「ヨシムラ」でフルオーバーホールした

キャブの調子を伺いながら走ります。

 

そして、リヤサスリンクも車高を少し上げたり

ダンパーもリセッティングしたりと

5感をフルに使って、身体で楽しむ(笑)

久しぶりのツーリングです。

 

ですが意識は景色に向きます。

いや〜何たって、、、

 

新緑がキレイ。

 

木々の勢いがゴツくて襲ってきそうな

山の緑です。(たぶん・・・)

からの、、、

猪ノ鼻峠は9時過ぎにまだ16℃。

 

ライディングジャケットを着ていますが

寒さに震えます。

 

県をまたぐ移動が解禁になりましたから

結構込んだいるかと思いきや

10時前に店に着くも

案外空いていましたね。

 

時間帯なんでしょうか・・・

 

帰路はまぁまぁ交通量の増えたR32を

ノンビリと一人で走るのでした。

 

昼からはオシゴトお仕事っちゅうコトで

オチはない

「うどんツーリング」でございました。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。