2000⇒2700へ・・・

先日のビッグニュース!

 

2000年から運行している

JR四国の2000系南風号

「アンパンマン列車」が

来月から新型車両2700系南風号の

「新:アンパンマン列車」に新調されます。

 

内装も外装も新調されアンパンマンだらけの

2700系南風号・・・何とも楽しそうです。

 

まぁ自分にとってソコは・・・ですが(爆)

 

土讃線って、

スイッチバック駅が2駅もある

山岳路線ですから

車両は大馬力が必要なんです。

 

で、この新型車両2700系は川重で製造され

旧型2000系より4割ほどパワーアップされた

450PSを2000rpmで絞り出す

15.2リッター:直列6気筒ディーゼルターボエンジンを

1車両に2基搭載した、900psのハイパワー車両です。

まぁな〜んてコトは

メイン乗客のキッズ達には

全く関係ありませんが(笑)

ウチの子がまだ小さい時、

旧型アンパンマン列車に

息子兄弟2人を乗せて

京都の梅小路蒸気機関車館(現在の京都鉄道博物館)へ

SLをよく見に行ったモノです。

 

今度の2700系新型アンパンマン列車にも

たくさんのキッズが乗って

にぎり飯を頬張りながら

楽しい列車の旅をするんでしょうね〜♬

 

オジサンも思わずニヤけます。

(パワーアップされたエンジン音に)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで

地震に強く、遮熱工法で暑さ対策も行う

屋根リフォームと雨漏り修理専門の

【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦

(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。