勝負も人生も探究心。

梅雨の晴れ間で

心地い暑さとなっています。

 

そんな「熱さ」と言えば、、、

 

先日、若き棋聖が

史上最年少でタイトル獲得。

 

まだ高校生。

マジ、スンゲェーゼ!!!

 

その会見での

「まだまだ分からないことが多いが、
 これからも探究心をもって臨みたい。

 棋士になってから成長できたのが

 今回の結果に繋がった。」と

コメントが記載されていました。

 

人は歳を取るほど

妙に、何かに分かった様な”感”が

目覚めます。

 

その時、人は

成長を止めるのでしょうね〜

 

世の中ってまぁ広く

奥が深い。

知らないコトだらけです。

 

なのに、自分の経験と時間軸、

見たモノ、聞いたモノだけで

世間を測るなって・・・

あまりにもダサい!ですからね。

 

冷めた意識と無反応・・・

あ〜恐ろしい。

 

世の中、まだまだ知らない世界だらけ。

 

少年のような「興味津々」と

棋聖の爪の垢でも煎じた「探究心」を

持ち続けたいモノです。

 

って、実はその方が

難しいコト抜きで

人生ずっと楽しいハズですよ!

 

身体はオッサンでも

心は少年じゃないとね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。