マスクだからこその意思表示。

梅雨の晴れ間、「五月晴れ」な高知。

 

気温も28℃台とそんなに高くも無く

湿度も60〜70%と、

今は、、、まだ快適です。

 

で、もうすぐ夏本番ってのに

今年の人類は

マスクを付けなきゃダメですよね。

 

もうそれは社会のルールですから

仕方ないのですが

何とも大きな問題が、、、

 

それは、

 

会話が聞き取り難いし

初対面の方の顔が覚えられん。

 

顔を覚えられないのは

まだしも

聞き直さんといかん場面もチラホラで

意思疎通がデキない。

 

オマケにスクリーン越しに

マスクでポソポソ喋られても

何を言っているのか分からない。

 

ん〜〜困ったもんです。

 

現場などで騒音がウルサくて

聞き取れない時でも

身振り手振りと口の動きで

相手の言いたいコト(言葉)を

理解していたんですね。

 

しかし・・・時は変わって

令和の時代ですね〜

 

世にはこの不便さを

打破する対策が

Web上でたくさん提供されていますよ。

 

ご自身で検索して(笑)

最もらしい情報を

参考にしてくださいね。

 

自分は滑舌があまりよろしくないので

先ずはそこから

気を付けてみたいと思います。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。