屋内が暑くなる原因の約7割は・・・

梅雨明けを感じさせるような

晴れの月曜日。

 

やはり雨の月曜よりは

スカッと爽やかに晴れている方が

週初めはスタートダッシュが効きますね!

 

さて、梅雨明けも間近になり

暑さもシフトアップ状態です。

 

工場や倉庫内の暑さも

グッと増してきますね。

 

暑さにまだ身体が慣れていない

梅雨明けからお盆までは

特に熱中症リスクが高まります。

 

天井の無い

波形スレート屋根の裏面温度も

60℃を超えてきますからね。

 

で、この下に入ると

日陰で涼しいはずですが、

実は屋根が熱せられていますから

相当熱い!(暑い)のなんの。

 

頭上からあのモァ〜ンとした

火の気(ほのけ)がハンパない!

 

これって断熱塗料やカバールーフでは

なかなか阻止できません。

 

暑さの原因である

輻射熱を抑制出来ないからなんですね。

 

日射によって輻射熱が屋根を熱し、

その熱が再び、輻射熱となり

室内の床や商品、そして人を熱します。

 

だから暑いんです。

 

それを撃退するのが

アルミ製遮熱シートを使った

「エコ遮熱ルーフ」なんです。

 

暑さの原因となる

輻射熱を反射させますので

屋根裏面や室内を熱するコトが

”目”でも”体感”でもハッキリ分かるほど

オドロキ的な激減をします。

 

んでもって、

屋内が暑くなる原因の約7割は

屋根とも言われていますからね。

 

夏の暑さ対策は

空調ももちろん大事ですが

そもそも大きな原因である「屋根」を

見直さなきゃ!ですよ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。