酒蔵さんトコも、暑さ対策は屋根!

フ〜〜〜

セーフ、です!

 

今日の予想最高気温は35℃でしたが

高知は午前10時半の

33.7℃が最高気温でした。

 

でも、湿度は60%台でしたので

気温イメージほどは

暑くなかった感があります。

 

てなコト言ってたら

現場で屋根施工の職人さんに

叱られそうですが(笑)

 

 

さて、少し前ですが、、、

 

2年前に屋根から工場の暑さを撃退する

「エコ遮熱ルーフ」を施工した

高知県北西部の某酒造会社さまへ

その遮熱効果のインタビューに伺っていました。

まだ今年の猛暑時期では

なかったんですが

昨年の遮熱効果を取材させて頂きました。

 

真夏の日中でも

蔵の中はエアコンが効いているの?って

感じるほど、エコ遮熱ルーフが

暑さを劇的に反射している!って

感想を頂けましてね。

 

オガサとしても

嬉しいかぎりです!

 

その効果取材の模様は近々動画で

オガサのホームページに掲載しますね!

 

乞うご期待!!!

 

因みに取材の日も

蔵の入り口にある庇は

60℃でしたが、

 

蔵の中の天井は

25℃とヒ〜ンヤリです。

 

もちろんエアコンは

全切でOFF、、、っすよ!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。