工場から吹き出す「汗」が消えた!

海の日で祝日。

4連休のスタートですよ!

 

世間はね・・・

 

そんなコトは関係無く、

オガサは通常とおりに仕事です。

 

この時期、梅雨の晴れ間は

ウルトラ貴重ですからね。

 

その代わりにお盆やお正月は

ガッツリ休ませて頂きます。

 

 

さて、昨日書いた

エコ遮熱ルーフの効果測定の続きです。

 

で、工場内にある隣接した倉庫は

一部の天井がこじゃんと低くて

屋根の熱がモロに倉庫内を

熱していましてね。

 

資材を取りに行く工場の方も

「灼熱に咽せるーーー!」って

嘆いていました。

倉庫内も40℃を楽に

超えていましたからね

 

施工前は、、、

 

 

でも、屋根を遮熱することで

外気が33.8℃でも

倉庫内はナント! 30℃で外気より低い。

工場の方々も

あの吹き出していた汗って

何だったの???

って喜んでくれていました。

 

そりゃそうですよ。

施工前は60℃近くあった天井が

今では体温より低く

何だかヒヤッとしてましたからね。

てな感じで

工場の暑さを屋根から撃退する

「エコ遮熱ルーフ」は

工場で働く人のミカタです。

 

自分達もあんなに喜んでくれたら

仕事冥利に尽きますね。

 

でも、それを発注して頂いたのは

工場を経営するシャチョーさんです。

 

感謝です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。