暑さを見える化し、撃退していきます!

一気に夏真っ盛り!

そして今日で7月も終わり。

明日からは8月っすよ、早いもんすね。

 

で、今日の高知は

最高気温が34℃を超えちゃいました。

 

そんな中、うだる暑さにも負けず

現場では職人さんが

屋根工事を頑張っています。

 

 

さて、異様に暑いこの倉庫。

 

特別、野暮ったい構造でも

粗悪な建材を使用しているワケでも

ございません。

 

天井や内装は屋根と外壁の表し状態なんで

熱の影響をモロに受けています。

 

なので、倉庫内の温度は

締め切っていたこともあり

「41℃」と

お風呂なら、いい湯加減です(笑)

 

でもコレじゃ

人が作業できる空間ではありません。

 

しかし、これが一般的な倉庫や工場の現実なんです。

 

それをちょっと見える化させるために

サーモカメラで測定してみました。

なんと!屋根の裏面温度は

60℃を超えています!!!

 

コレが熱源となり

再び屋内へ輻射熱を放射することで

空間温度を上げてるんです。

 

そして、人も直接熱せられているのです。

 

こんな感じでオガサでは

暑い空間の工場や倉庫の暑さを

見える化しています。

 

そのカメラも精度に優れるものから

簡易的なものまで

オガサでは数種類の機器を揃えていますが、

最近はパッと測定するために

スマホタイプの測定器が出番多いですね。

 

ということで、ここ最近は

このサーモカメラを持って

至るところでパシャパシャと

建物の温度を測定ています。

 

夏場は温度フェチになる小笠原なのでした。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。