工事のやりっ放しじゃ、ありません。

今日は、3年前に工場の暑さ対策

「エコ遮熱ルーフ」を施工した工場へ

その効果の測定と

屋根の点検に行ってましてね。

 

ギラギラのうだる暑さの中

工場内がグッと涼しくなったのを

検証でき・・・の予定が

あいにくの涼しい曇り空(笑)

それでも気温32.2℃で

体感温度35.7℃の屋外から

エコ遮熱ルーフを施工した工場に入ると

室温31.6℃で、

体感温度32.9℃でした。

約3℃も体感温度が下がっています。

 

でも・・・あれ〜???

 

曇りだから効果が分かり難いのか?と思いきや

6台ある製造設備は100℃を超える温度で

ヒーターを稼働させて

商品を製造していました。

 

その熱が影響している模様。

 

工場の方曰く

「屋根を(遮熱)しちょらんかったら

 こんな暑さやないき!

 40℃は超えるきよー!」ってな

声を頂きました。

ホッ。。。

 

 

こんな感じで、

自分達が施工した「遮熱屋根」も

ただ「工事をした』だけじゃなく

定期的に数年に一度、

その効果をチェックしています。

 

もちろん屋根の点検も同時に行っています。

 

アフターメンテでしっかりと見守るのも

オガサの大事な任務なのです!

 

ところで、、、

曇り空は暑さがグッと和らぐので

働く人も、自分も

大歓迎なんですが・・・

 

遮熱効果の温度測定には

チョイと残念な天気ですね(笑)

 

で、事務所に戻ると雲が切れ

晴れてきやがった!

 

トホホ・・・

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。