この雰囲気、、、イ〜ね〜♬

昨日は現場仕事が終わってから

一部の社員さん達で

会社業務ビデオの撮影会。

 

といっても結構本気モードで

企画から撮影まで

全てをプロにお任せです。

 

普段は皆、普通に土佐弁で喋っているのに

カメラを向けられると

急に早口になり、オマケに標準語(笑)

 

爆笑です。

 

社員さん達同士も

野次りながらの撮影会。

 

爆笑が絶えず

楽しそうに撮影されているのを見ると

コッチまで楽しい♬

 

まぁ 何だかんだで

3時間は掛かるだろうの予定が

何とか2時間で撮影は終了。

 

オガサ人は、、、

俳優のセンスもチトあります(笑)

 

でね、「俳優」達は偶然にも

遠方の現場に早出で工事をして来て

からの、帰社後に撮影だったんです。

 

このクソッ暑い中。

お疲れさまでした。。。)

 

本当なら疲労感タップリでしょうが

そんな表情を1ミリとも見せずに

逆に爆笑の撮影会。

 

撮影セットを組み

スタジオ化した工場の隅っこで

終始見ていました。

 

良い撮影ができたコトよりも遙かに

社員の良い笑顔と

社員同士の和ましいやりとり・・・

 

この雰囲気はオガサの「宝」です。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。