キーボードよりノートとペン。

明日、朝イチから

とあるド田舎の施設で

研修がありまして

その近くの旅館にきています。

 

朝から移動しても良かったんですが

それなら夜明け前に

出発しなきゃイケないんで

疲労防止のタメに前泊です。

 

で、今その旅館で

晩飯食って

さぁ・・・・な所。

 

部屋の携帯電波は

場所により若干悪いんですが

館内はWi-Fi環境があるとのコトで

安心していました。

 

が、通信が遅い!

 

下りが3M強しか出ていません。

ちなみに上りなんて2Mです。

 

トホホ、、、

 

仕事になりません。

 

ですので開き直って、

仕事は止め(笑)

 

読書に切り替えです。

 

ところで、最近はいつでもどこでも

インターネットに繋がり

当たり前に情報をデータ化して

やりとりデキる時代。

 

そんな時代にあえて

ペンを片手に

思いや考えをノートに書きまくる。

 

最初は中々ペンが走りませんが

気が付くと10ページ以上

ナンやらカンやら書きまくっていました。

 

仕事の事から

プライベートネタまで・・・

 

少し前までのネットが無かった時代に

あえて戻り、アナログで

自分の思考を研ぎ澄ます。

 

不便っていうのも

時には良いモノですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。