台風に備えるって、まずは点検なんですよ。

台風10号が過去最強クラスで接近。

経験の無いような荒天に

最大限の警戒が必要。

 

との事です。

まだ時間はありますので

しっかりと備えておかなきゃです。

 

さて、いつもニュースでよく聞くのが

暴風雨となってから

慌てて家の養生をしたり

外へ様子を見に行って

事故に遭う方が後を経たないですね。

 

進路も影響時期も

事前に分かっているのに、、、

 

なぜ?

 

気持ちは分かりますが

自分だけは大丈夫だと

思っているんでしょうかね?

 

そんなこんなにならないように

オガサでは屋根の

無料サポート点検を行っているんです。

(無料はリピーターさんのみの

 サービスですが・・・)

 

そのサービスを

もっと安全でスピーディーに行うため

オガサでは4台のドローンを使って

3人のオペレーターが点検や調査を行っています。

 

ドローンの資格や許認可はもちろん、

屋根と建築の国家資格者が点検しますので

その場でモニターを見ながら

アドバイスもできるんですよ。

 

そんな調査も今度の台風が過ぎれば

さらに活躍の場が増えるでしょう。

しっかりと備えておきたいと思います。

 

さぁそろそろ時間だ。

 

ドローンを使った

新しい調査システムの講習を

しっかり叩き込まれてきます!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。