後悔の度合いって?

昨夜は中学時代の友人と

久しぶりに呑んでいまして

チョイとしんどい今日の午前中。

 

そのカンフル剤として

家族で映画を見に行っていましてね。

 

イオンで上映している映画は

あまり興味が無いモノが多いんですが

久しぶりにコレは見たい!!!

と夏前から楽しみにしてたんですよ。

 

それは、「ミッドウェイ」

 

太平洋戦争初期に

日本が大敗した海戦ですね。

 

この戦いでは

たくさんの敗因が

日本軍にあるとされていますが

それはさておき、、、

 

映画のワンシーンで

「任務を途中で投げ出した事は

 君の心に一生付いて回る事になる。」

 

そんな場面があります。

 

やった後悔は案外ケロッとしますが

やらなかった後悔は

ズシリと嫌な気分で心に

それもずっと残りますもね。

 

ふと、我に返った一瞬でした。

 

ところで、、、

事実を忠実に再現しているこの映画。

もう2〜3回は見に行くでしょうね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。