サンプルはとことん、イメージ重視!

台風14号が四国のとっと南を

直撃っぽく北上してきています。

 

しかし大陸から張り出している

高気圧が強いので

明日、右折するように

日本の南の海上を

東へ抜けるようですね。

 

だからといって

安心はチョイと禁物です。

 

台風を取り巻く雨雲が

今日いっぱいは

四国地方へも流れ込みますからね。

 

 

そんな雨の中

年末から屋根の改修工事を

させて頂く工場へ

ガルバリウム屋根の色決めに

伺っていましてね。

 

数あるメーカーの中でも

耐久性が少し高いと感じている

(オガサ的な見解ですが)

ガルバ屋根の色見本を持参して

相手方社長さんと

工場長さんとでの色決めでした。

 

それが、あいにくの天候なので

室内の照明ではどうも、、、

現実の屋根とは色目「感」が違う。

 

色サンプルは

現物のガルバから切り出しているので

色目は全く同じなんですが、

名刺より小さいので

色目「感」がどうしても

濃く見えてしまします。

 

だからといって屋根の色と言えど

建物のイメージを

大きく受け持つ部分です。

 

早速、90センチ角の特大サンプルで

屋根現物を製作して

再度、色のご検討をして頂く事に。

 

天候に関係無く「色」の検討は

タタミ半畳くらい大きなモノが

イメージしやすいですね。

 

大袈裟なサンプルになりますが

イメージできないモノは

役に立ちませんからね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。