屋根に草を生やすべからず。

秋真っ只中で

台風の恩恵を受けて、高知は雨。

 

ここ最近雨が多いですね。

台風が四国沖を通過中ですから

まぁ 仕方が無い。。。

 

で、気温もチョイと低め。

お昼の気温で18℃。

しかし、気温以上に

ヒンヤリ感がありますな。

 

つい最近まで

ワイシャツやポロシャツで

うろうろしていましたが

昨日からは

作業着のジャンパーも着ていますしね。

 

もうそんな季節なんですよ。

 

 

さて、雨が降れば

雨漏りの問い合わせを頂きます。

 

「普通の小雨なら漏らんけど

 横風が吹くと漏るのよ。」

 

と、ご近所さんからの問い合わせ。

 

伺ってみると、、、

んんん、、、!!!

 

そりゃ漏るでしょうよ。

 

1階の瓦屋根のドン付き。

2階の壁部分との取り合いにある

「水切りのし瓦」

ここに草が生えていました。

 

そして、、、草は成長して

のし瓦の漆喰を破壊しています。

雑草の根の破壊力は強くて

道路のアスファルトも突き破って

生えてきますからね。

 

そりゃ、瓦の漆喰なんて楽勝ですよ。

 

で、降った雨は

草を伝って屋根の中に

浸入するっちゅうワケです。

 

ですから、時々瓦屋根に

草が生えているのを見かけますが

屋根上のガーデニングは

百害あって一利無し!ですよ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。