施工しづらい+チェックしづらい=漏る!

屋根の話題じゃありませんが、

ベランダが雨漏しているとの

ご相談を頂きまして。

 

普通の雨では漏らんけど、大雨や

風がある雨の時に漏るんですよね〜

1階に。

 

ハハーン!

 

2階のベランダサッシ周りが

原因だな・・・

 

で、現地を確認。

 

想像とおり、ドンピシャ!

 

ベランダの床と

サッシの敷居の段差が少なすぎる。

5cm弱

 

そしてFRP防水が

キチンと施工されていませんでした。

(この隙間じゃ無理は無いかも?)

バリアフリーっぽくて

出入りは楽でしょうが、そりゃ

この施工では漏りますよ。

(施工が単に雑です)

 

昔はこの構造が

よく流行りましたがね。

 

しかし、このようなトラブルが多いので

今ではこの構造はNGです。

 

現在では

ベランダ構造や施工には

一定の基準が設けられていますので

こういった施工不良からの雨漏りは

極端に減ったようです。

 

まぁ 対策としては、

一度外壁も内装も撤去して

サッシを取り外します。

 

そして、ベランダからの

立ち上がりFRP防水を処理して

サッシにも止水処理をし、

復旧すればベストなんですが、、、

それじゃ、

内外装の改修工事にまで発展します。

 

ですから、、、

①FRP防水の修理(立ち上がり部分)

②その部分に雨が吹き込まないようにカバー

③排水ドレンの定期掃除(お施主さん担当で)

 

この修理方法で

コレまで数十件は

同様の雨漏りを止めています。

 

どれも簡単なことですが、

ナメて掛かると雨漏りは止まりませんよ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。