〜だろう修理は事故のモト

10月も最終週がスタート。

キンモクセイも散り始め

秋がグッと深まってきましたね。

 

少し寒くなってきましたので

我が家でも

鍋料理の出番が多くなりました。

 

秋真っ盛りというわけで

昨夜はキノコ鍋。

 

キノコは痛風の抑制にも

効果が認められていますので

ガッツリいけます。

 

キノコからの出汁と

独特の食感が食欲をそそりますね。

 

ついついお酒も弾みます。

身体に良いのか?

悪いのか?(笑)

 

 

ところで、、、

雨漏りが止まらないお家。

 

屋根を確認すると

ナント!!!

ここでも雨漏りの原因を特定せず

適当にシーリングで

修理をしたつもりになっています。

 

この屋根と屋根が取り合う

「谷」の部分。

 

瓦と谷は密着させてなく

隙間を設けています。

 

これは雨水の吸い上げ防止なんです。

 

それをシーリングで

「これでもかっ!」ってな感じで

なすくっています。

 

これじゃ、雨水を吸い込みますし

瓦の隙間から侵入した

雨水の排出もデキません。

 

やたら滅多らの雨漏り修理(もどき)は

かえって状況を悪くします。

 

ちなみにコレ、

素人ではなく業者の仕業です。

 

で、ガルバで葺き替えて

完璧な新設屋根をつくりました。

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。