理屈が分かれば紅葉もまた楽しい。

昨日は立冬。

暦の上では冬が始まりました。

 

まぁ暦と気候は

ズレがありますので

冬の訪れはもう少しですがね。

 

ということで、

紅葉シーズンがスタートしました。

 

昨日の雨も

明け方には止んだんで

初期型油冷号で

ひとり紅葉ツーリング。

 

昨夜は呑みたいビールも

グッとガマンして

バイクをメンテ。

 

今朝7時に表通りまで

バイクを押して

チョークを引きセルをオン!

キャブ車なので

しっかりと暖機運転を行って

いざスタートです。

 

目指すは愛媛県別子ライン

 

R32を大歩危経由で一旦香川へ

朝メシのうどんを啜って

伊予三島から富郷ダム方面へ

 

からの、

旧別子山村へ

 

県道沿いの紅葉が素晴らしい。

 

で、その紅葉って

①昼夜の気温差と最低気温

②夏〜秋の日照時間

③適度な湿気

この3条件がポイントだそうです。

 

地域により色づきが違うと

この条件を推理しながら

走っています。

 

何のこっちゃ!?でしょうが。

好きなんですよ。

結果があっての

その理屈や原因探しって。

 

雨漏りなんかも

漏っている「結果」から

原因を探りますからね。

 

ところで、

人も車も少ないこの別子ラインは

いつの季節でも楽しめる

(冬は行ったことないが・・・)

お気に入りの

プチツーリングコースです。

若い頃って紅葉や新緑には

全く興味がありませんでしたが

ここ最近は大人になったようです。(笑)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。