屋根を見れば地域性が分かる。

スマホってついつい

写真を撮りまくりますよね。

 

ですから、、、ワタクシ

写真データが3万枚弱もあります(笑)

 

屋根の写真から

建築に関する仕事関係は

当然ながら撮りまくっています。

 

トーシロな小笠原が撮ったとは思えない

ナイスなショットまで、、、

 

で、プライベート関係も負けずに

枚数だけは、タンマリあります!

 

そ!なんですよね、、、

この数万枚の写真って

どうするんでしょね?

 

今後、いちいち確認して

整理するなんてするんですかね?

 

まぁそんなコトはさておいて、、、

チョイと写真を見返したとき

先日いった旧閑谷学校の

屋根瓦の写真に目が止まりまして。。。

 

そう!

 

軒先瓦の下、広小舞部分に

パイプが付いているじゃありませんか!

 

これって

瓦の隙間から入った

雨水を排水する機能と

屋根内の起きた結露の湿気を

排出する機能があるんですね。

 

どうしても瓦って

その構造から雨水が浸入します。

 

それが湿気となれば

野地板や垂木がシロアリに食われたり

腐食の原因になりますからね。

 

ちなみにこのパイプ。

瓦と同じ備前焼なんだそうです。

 

先人の知恵と地域産業が

上手くコラボして

その地域の建物を屋根が守っています。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

 

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。