広告や宣伝は見られてなんぼの世界。

最近はコロナの関係で

仕事でも公共交通より車で

高速道路を走ります。

 

自分で運転していると

運転しかデキないのが

チョイと非効率なんですがね。

(当たり前ですが)

 

で、近頃感じるのが

長距離大型トラックが

やたら増えたな〜って。

 

四国内はそうでもないんですが

山陽道とか走ると

辺り一面がトラックだらけになります(笑)

 

そのトラックといえば

夜間走行のイメージがありましたが

今では物流用途の変化や法規制、

働き方改革なんかで

昼間の運送も多くなったのかな。

 

そんな大型トラックだらけの

高速道路をみると

改めて日本の物流って

トラック輸送に支えられているんだなぁ

と感じたコトでした。

 

さて、大型トラックと高速を

併走していると

最近やたらトラックの背面や側面に

求人広告をよく見かけるようになりました。

 

その内容なんですが、、、

普通にドライバー募集とかではなく

待遇をもしっかりと明記しています。

 

なんなら給与まで

表示されているトラックも

よく見かけますね。

 

そして目を引いたのが

でかでかとフェラーリの写真を出して

ドライバーになれば

いつでもフェラーリに乗れます♬

 

なんて変わり種の求人広告もあります。

 

やはりどの業種も人手不足。

採用には苦労しているようですね。

 

しかし自分の脳裏に残り

こうしてブログになるってコトは

しっかりと宣伝効果は出ていますね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。