軒先の守護神

今朝は自宅周辺にも

薄らと積雪。

 

山間部と比べれば

恥ずかしい位の積雪ですがね。

雪を見ればどうしても

ワクワクしてしまいます。

 

でも、積雪って

そんな呑気なコトを

云ってる場合じゃないってのも

良く分かっています。

 

北陸地方をはじめとする地域は

本当に大変な状態ですものね。

 

四国地方の山間部でさえも

チョイと豪雪になっていますからね。

 

 

さて、そんな積雪時に起こるのが

雨樋の破損です。

屋根に積もった雪が

滑り落ちながら

軒樋を道連れにして

破壊してしまいす。

 

そんな雪害。

 

でもこの破損って

保険で100%直せるんですよ!

 

火災保険の補償は

火災に限りません。

 

自然災害などで

建物や家財が損害を受けたときの

修理代金なども補償できるんです。

 

保険の対象となる内容は、

火災・落雷・台風などの風災や

雹(ひょう)・雪災による自然損害なんです。

 

雪での損害も自然災害に含まれるため、

建物や家財の修理代金も補償の対象になります。

もちろん雨樋もね。

 

今はまだ軒先にも

雪が積もっていて

確認できないかも知れませんが

溶けたらスグに確認して下さいね。

 

雨樋って住まいを守る

軒先の守り神ですから。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。