行儀が悪くても引き出せ!

1月21日。今日は、

「ライバルが手を結ぶ日」

でございます。

 

1866年のこの日、

長州と薩摩が坂本龍馬らの仲介で、

倒幕の為に薩長同盟を結んだ日。

 

それにちなんで、ですと。。。

 

仲裁をする者によって

絡んでる仲も

コトは前に進むってものですね。

 

 

さて、絡んでいると云えば

現場で使用する「コードリール」

 

電線が少し、お行儀が悪いですね。

 

ですが、これにはちゃんとした

理由がありましてね。。。

 

このように

完全に引き出して

使用しているんですよ。

このリールって

自分達が通常使うプロ仕様は

使用限度の電流値は15Aです。

 

でも、、、

巻いたまま使用するとその1/3。

 

5A前後の電流値でしか

使用することはできません。

 

知らずに電線を巻いたまま

高電流を流して使用すると

熱を生じて電線が溶けます。

 

なのでちょっとしたメンテでも

その電動工具の使用電流を

確認することはルールなんです。

 

場合によっては、

コードリールの電線は

完全に引き出して

使用してくださいね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。