雨の日の立役者。

今日は「1、2、3」

言わずと知れたワン、ツー、スリー!

 

人生に対して

「ジャンプする気持ちを持とう!」

という日、だそうです。

 

どうです?

そんな気になりましたか?

 

 

さて、そうは仲々思えない(笑)

小雨の週末ですね。

 

そんな雨の日に大活躍するのが

 

「雨樋」

 

なんですが、、、

コレじゃどうにもナラン!

 

てなコトで

お問い合わせを頂いた工場さん。

 

工場屋根の軒樋が見事に詰まり

雨の日はその辺に水が溢れて

水浸しになるそうです。

 

ここ最近は雨が降らないので

全く気にはならなかったんですが・・・と。

 

そうなんです。

 

雨樋って雨が降らなければ

全く機能も用途も無い

屋根の部品。

(軒先をデザインするっちゅう

      意味もありますが)

 

今日のように

シトシトと降る雨をまとめ上げ

あたかも何も無いかのごとく

人と建物を守っている、言わば

裏の立役者でございます。

 

なので、、、

時には覗いてあげましょうよ。

 

樋の中も・・・ね。

決してプランター用途にしては

ダメですぞ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。