屋根からBCP対策へ取り組む。

ヘルメットも軽くなったので

屋根や足場の上でも作業性が

ずいぶんと向上しています!

 

頭や手足先など

動くモノは少しでも軽い方が

身体(車体)への負担は

大きく軽減できます。

 

車やバイク、列車などの

バネ下重量軽減の効果と

似ていますね!

 

 

さて、コチラの工場さんは

古くなった屋根を再々修理しても

雨漏りが止まらないとご相談。

 

金属屋根の上に

室外機やら設備機器が

たくさん載っかっています。

 

それらからサビが出て

金属屋根も貰いサビ。

 

挙げ句にサビ片が屋根に溜まって

塵やらゴミを堰き止めています。

 

そりゃ、漏るわな。。。

 

そもそも金属屋根に

クーリングタワーを設置していますので

常時、水しぶきが屋根に掛かり

腐食の原因となっています。

(この屋根は古くてトタン製)

 

また水道や空調の配管が

屋根に貫通させていますので

その穴は全てシーリングで防水処置。

 

敷地の関係で

屋根に設備機器を置く場合は

構造計算をした上で

コンクリートスラブにするか

屋根に架台をガッチリ組んで

設置しなきゃ!です。

 

あと、メンテがデキるような

設置方法が肝心です。

 

今回コチラの工場さんは

南海地震のBCP対策の一環として

何とか敷地が狭いながらでも

全ての設備を屋根から

地面設置に切り替えました。

 

地震対策として設備などの重量物は

屋根への設置はご遠慮下さい、ネ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。