資格取得が意識を変える。

防災士人口が

20万人を突破したってさ。

 

阪神淡路大震災、そして

東日本大震災をきっかけに増え

熊本地震や西日本豪雨を経て

ここ最近は5年前と比較して

倍増しています。

 

その防災士登録者数では

東京都がトップなんですが

2位はナント、隣の愛媛県なんですね。

 

 

ところで、

同じ四国内でも県により

人口は全く違います。

今更ながらですが・・・

 

愛媛が134万人で、高知は69万人。

倍近い差がある。

 

で、防災士の人口比率は

愛媛が1%で、高知は0.6%

コレも倍近い差がある。

 

近い将来、

必ず起こる南海トラフ地震では

高知の被害は甚大と予想されていますが

県民性も踏まえての意識の差ですかね?

 

防災士の資格があるから

災害時に人命救助や

被災支援が絶対にできる!っちゅうほど

簡単ではございませんが

必ず起こる災害に

少しアンテナ感度を上げる

きっかけにはなります。

 

資格っちゅう「看板」を取得するのは

もちろん大事なんですが

取得に向け、

知識を得て、

意識を持つコトが

大事なんだよなぁ〜と、思った次第。

 

ちなみに、オガサ人も

高知県民の取得率には少しだけ

貢献しております、ハイ。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。