工場の古時計はいつも見ていた。

電波時計の登場って

いつかは知らないけど

現在では時計にはじまり

GPSやカーナビ、携帯電話まで

自分達の日常生活に幅広く

必需品となっていますね。

 

で、、、先日工場の

電波時計がブッ壊れました。

 

思えば、2003年の9月に

現在の長浜産業団地へ

朝倉から移転した時に

この時計を購入しましたので

17年半も時を刻んでくれました

 

あん時も・・・

そん時も・・・

ずっと工場の柱から

みんなに時を刻んできた、この時計。

 

その長年使っていた

愛着あるモノが寿命を迎え

新規に入れ替えをする。

 

何だかとても寂しい思いがしますね。

 

でもコレが進化であり

進歩ですからね。

 

で、、、、

結局、再び同じ物を購入(笑)

 

コチラは進歩よりも何よりも

単純に正確さと見やすさが

重要ですからね!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。