猛暑はエコ遮熱ルーフで乗り越えろ!

昨日のニュース、今年の夏は

平年より暑い日が多くなるそうです。

 

最高気温が35℃以上の

猛暑日も多くなる見通しで、

気象庁は都道府県に前日や当日の朝

「熱中症警戒アラート」を出し、

厳重な警戒を呼びかける方針だそうです。

 

毎年、暑くなると

ビビらされていますが

もうこの暑さが普通なんでしょうかね?

 

 

さて、そんな猛暑対策として

屋根の遮熱工事が寒空の下

急ピッチで進んでいます。

 

今日は工事責任者と管理監督とで

棟部分の納まりを現地で確認です。

 

歩行通路も合板でキチンと確保して

安全対策はバッチリでございます。

 

 

この工場も夏場に

波形スレートの屋根が猛烈に熱くなり、

内部はスポットクーラーを

ガンガンに効かせても

熱中症気味になる工員さんが多いとかで

その対策で遮熱ルーフをご発注頂きました。

 

実は暑さだけでは無く

スレートの老朽化により

雨漏りも発生していましたので

それもダブルで解決しちゃうって工法です。

 

古い屋根を剥がずに

しかも穴を開けずに

劇的に屋根を涼しくリフレッシュする

「エコ遮熱ルーフ」

 

これから”猛暑2021”に向けて

ガンガン「涼しい屋根」を作っていきます!

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。