誰しも雨漏りの相談って、難いモノですよ。

7月10日「納豆の日」です。

 

それにも関わらず

週末の高知は嵐となっています。

 

日本海に停滞していた梅雨前線が

再び南へ下がり

荒れた天気予報がその通りで

台風みたいになり

風もまぁまぁ出てきました。

 

雲もごっつ低くて

なんかちょっと

異様な雰囲気がしてるんですね。

 

案の定、、、

高知気象台から

竜巻の注意報が発令されていました。

 

ここ最近、

度々竜巻被害が起きていますから要注意!

 

そんな雲行きを感じさせる

夕方の高知です。

 

 

さて、こんな天候だと

雨漏りの発生がどうしても

多くなってくるんですね。

 

で、その雨漏りの相談で

まぁ、皆さん心配なさるのが

雨漏りの状況を

どのように説明したらいいのか?

よく分からないって言われるんです。

 

でもね、、、

当然じゃないですか! ハイ。

 

普通に生活してると、

普通に仕事してると、

建物の構造なんて、名称なんて

分からないのは当然ですし

そもそも・・・

滅多にない雨漏りの状況を

詳しくプロに説明しろって、、、

 

それは難しいものですよ。

 

例えば、自分が具合悪い時に

病院に行って

症状聞かれて説明する時、

医者が納得できるような症状説明って

できますー?

 

自分は無理ですね。

 

で、それと一緒ですよ。

そんなこんなで

自分たちは雨漏りのプロですから大丈夫。

聞き取りますよ。

 

見た感じで構いません、

知ってる言葉で構いません。

 

なるべく詳しくというか

ざっくばらんで大丈夫です。

 

プロですから聞き取りの

「引き出し」は大きいつもりです。

 

ですので、雨漏りで困っている時

どう説明したらいいのか?よりも

まずは問い合わせを頂く方が

解決への道は早いですよ。

 

それに今はメールなんかで

写真も動画も送れますので

スマホでパシャパシャ写真撮ったり

動画を撮影したりして

送ってもらって大歓迎です。

 

でも、まずは

電話の一本でございますを掛けてくださいね♬

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。