”わざわざ”の時間をつくろう。

今日も雨ぇ〜♬

 

ところどころ青空が見えていますが

時より雨。

 

絶好の梅雨らしい天気な日曜です。

 

でも山もダメですし、

バイクもダメ・・・

 

こんな日は

日頃デキない「inドア」作業。

 

R1000(バイク)のタイヤ交換です。

 

って、いっても

自分で交換するワケじゃありませんよ。

 

バイク屋さんに持ち込むだけです(笑)

 

ホイールを外しておけば

車のトランクに入りますんで

いつでも持ち込めますからね。

 

すると、向こうさんも

適当に交換しておいてくれますので

改めて便があるときに

引き取っておきます。

 

こうすれば天気の良い日に

わざわざ交換に行かなくても

イーですからね。

 

時間の有効活用です。

 

コレって仕事もいっしょですよね!

 

今なら時代的に

打合せなんかそうですよ。

 

事前に相手へ情報を流しておき

リモートで事前打ち合わせ。

 

そしてツメの所は実際に会って

短時間で「濃く」打合せ。

 

コロナでテレワークが叫ばれていますが

実際に会わないと、

モノが無いと、デキない仕事だらけです。

 

我々の業界では。

 

でも折角、、、

世には転機がきていますよね!

 

少しばかり足突っ込んで

効率化を図るってのは

避けて通りたくないんですよ、逆に。

 

んで、時間が空いた分

自分は人に会いに

わざわざ行きたいですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。