墓参りで自分に向き合う。

連休も今日でおしまい。

 

秋分の日でお彼岸ですから

もう一度お墓参りに(笑)

 

自分も妻も

両親はまだ健在ですので

今度は爺さん婆さんのお墓参りに

両親を連れて、

ドライブがてらな秋分の日。

 

お墓は四国カルストの麓なんで

気持ち良い秋晴れの中

車は走ります。

 

バイクもたくさん走っていましたね。

ですから、

昨日、シコタマ走って無かったら

今日はウズウズでしたでしょうね〜

 

そんな墓参りをしていたら

十数年ぶりに親戚に会いましてね。

そっからお互い近況報告。

 

墓参りって

家族揃ってわざわざ

ご先祖様に近況報告を兼ねて

元気な姿を

お披露目に行くじゃないですか。

 

でね、、、

墓とか法事とかがあるからこそ

それぞれが日常を持ち、

離れて暮らしていても

親子、兄弟、親戚が

偶に集まれるのかな?と。

 

これってご先祖様に対して

生かされている者の

努めだと思うんですよね。

 

そして、

お墓に向かって手を合わし

一言二言、添える。

 

何だか気持ちがスッキリします。

(自分は・・・)

 

さて、山はもう

ススキが穂を開き始めています。

 

そして、稲木干しが

秋空に映えていました♬

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。