省労力化を(プラプラと)考えてみた。

ワタクシ。

 

会社にいると

アッチへプラプラ・・・

コッチへブラブラ・・・

ついつい色んな部署へ行き

スタッフに声を掛けてしまいます。

 

忙しそうなスタッフに

「暇なんかい?」って

笑われます。

 

そんなコトあるか!

 

じっとしていられないだけです(笑)

 

 

で、今日PMの工場。

 

板金製作のオペレータ女子の

筒井さんが丁度、

ガルバリウム鋼板の切断を

シャーリングで行っていました。

 

コンマ何㍉と薄っぺらい

ガルバリウム鋼板でも

枚数あればすんぐに

数十㎏になっちゃうんですよ。

 

で、少し重そう・・・

 

早速、治具や

省力化のパーツが思い付き!

発注をしたトコロです。

 

現場の屋根上や

工場内ではスタッフさんが

暑い日も寒い日も一生懸命に

作業をしています。

 

その環境を少しでも

改善していくのも

トップとしての大事な仕事です。

 

現場の当事者って

省力化への改善策が

意外に浮かばないモノです。

 

部署を越えて

固定概念をブチ捨てて

少し斜めから日常を見ると

新しいアイデアって意外に

生まれるモノですね。

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。