アッチもコッチもPDCA

困ってます。

 

雪が降らない、、、(泣)

 

仕事や生活には寒くなくって

雪が降らなくて

非常にウレしいんですけどね。

 

それでもスキー場は頑張って

雪を作ってくれていますので

何とか滑れています。

 

ありがたい話です。

 

 

さて、今シーズンはワタクシ

スキーのレッスンを受けています。

 

普通には滑れるんですよ。

もうかれこれ20年以上やってますから。

 

でもそれってほぼ自己流。

 

まだまだ下手っぴな

50にもなったオッサンは

もっと上手くなりたいんです!

 

そんなこんなでレッスン。

 

で、一般的なレッスンって

ワンセット2時間って所です。

 

あって、昼休みを挟んでまた2時間

ていうの多いんですが、、、

 

今回は登録だけしておいて

自分がフリーで滑っているのを

インストラクターに時々見て頂き

適当なポイントで

アドバイス受けるってシステム。

 

何でもそうなんですけど

トレーニングって

直ぐに上達できるコトって

少ないじゃないですか。

 

やはり、、、

 

まずは、自分でやってみる。

アドバイスをもらう。

意識してやってみる

ダメ出しをくらう。

何がダメなのか考える

アドバイスをもらう。

もっと意識してやってみる

 

やはり、、、

何でもPDCAって

大事なんですよね。

 

 

そういえば・・・

オガサの仕事もおんなじ。

 

ガルバリウム鋼板を

切ったり曲げたりするのも

ベテランがやると

いとも簡単にやっていますが

初心者にはなかなか難しい。。。

 

そんなオガサも現在

新入社員の技能基礎訓練が

スタートしました。

 

でも、令和時代ももう3年。

 

訓練のカリキュラムも

チョイと変えなきゃ・・・って

リフトに乗っている時に

考えさせられたコトでした。

 

 

てなことで、スキーレッスンは

8時30分から3時間みっちり滑って

お昼前には撤収。

 

短時間集中トレーニングです。

 

でも本当は、、、

3時間滑ったらもう

体力がもたないんです(笑)

 

では、また明日!

 

ガルバリウム鋼板屋根への葺き替えで
地震に強く、屋根遮熱工事で暑さ対策も行う
屋根リフォームと雨漏り修理専門の
【株式会社オガサ製工】小笠原孝彦
(おがさわらたかひこ)でした。

投稿者:

小笠原孝彦

小笠原孝彦

株式会社オガサ製工 代表取締役 1970年高知県高知市朝倉生まれ ガルバリウム鋼板屋根の製作施工と遮熱技術で、工場や倉庫の暑さ対策を行っています。 そして南海地震対策のひとつなる住宅屋根の軽量化をガルバリウム鋼板で推進し、あわせて雨漏り修理も専門分野です。 一般社団法人 地震倒壊死から命をまもる建築専門家協会(地命協)代表理事 近年必ず起こる「南海トラフ地震」発生時に、建物倒壊による悲惨な圧死・窒息死を少しでも減らし、また速やかに避難することで、津波や火災から命を守る情報を建築専門家が発信しています。